トップページ

    このサイトではタントの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「タントの買取相場をチェックして高い金額で買取をしてくれる専門店に売りたい。」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店で検索してみてください。

    ダイハツのタントを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をお願いする」ことです。1つの業者だけとか近くのダイハツディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするので注意してください。

    中古車一括査定サイトなら2分位で入力できるのでカンタンです。複数の車買取会社からの査定額を比較できるので、タント(TanTo)の買取金額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい知られているので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大で50社にタントの買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからタントの買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに今あなたが乗っているタントの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、数年落ちのタントでも高く売れる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話が入るのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    タントの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車の相場が分かるので、「数年落ちのタントの買取相場ってネットで分かるの?」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのタントでも高く売ることができます。

    最大で10もの会社がダイハツ・タントの見積もり査定をしてくれるため、納得できる価格を提示してくれた会社にあなたが大事に乗ってきたタントを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、複数の業者がダイハツのタントの査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして長年乗ってきたタントをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、サポート体制も充実していますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    タントの査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、成約するとさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーにはおすすめできるサービスです。

    長年愛用したタントを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携している業者は100社なので他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大10社がダイハツ・タントの高額査定をしてくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の価格差の事例がいくつか提示されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

    黒や白の定番カラーは常時需要が安定しているために、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。

    逆にビビットカラーの赤や黄色などは人によって好みが分かれてしまうので、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    でも、査定金額はその時点での中古車オークション相場により常に流動的なものですから、人気のある特定のボディーカラーに幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    ほんの少しでも安く買取をして、ほんの少しでも高く売却するのが車買い取り店舗の査定士の仕事と言えます。

    販売店のスタッフの話をまるっきり信用してしまうのも考え物で、人を見て相場よりもずっと低く買われてしまう時もあるでしょう。

    実際の査定の前に適正な査定金額が幾らぐらいになるかを調査しておき、相場価格よりも安く提案された際に交渉するつもりでいるとプロの売り文句に惑わされにくくなるでしょう。

    もちろん程度問題ですが、車内がたばこ臭い場合は査定時に減額されるでしょう。

    車内に喫煙の後が残っている車は、煙草を吸う習慣のない人には売ることが非常に困難だからです。

    車内に漂う煙草の臭いの元凶は、内装のどこかに付着しているヤニ汚れですね。

    査定してもらう前に丁寧に車内を清掃してあげれば、煙草の臭いはかなり少なくなるに違いありません。

    自分の車を査定してほしくても、現物をいきなり店舗に持ち込んでしまうというのはよほど急いでいない限りおすすめしかねます。

    相場もわからなければ、よその店の査定額も知らない状態ですから、相場より安値で売却してしまうこともあるからです。

    もっとも、良いところもないわけではありません。

    それは、訪問査定を受けるよりも短い時間で売却できるという点に尽きます。

    店まで査定対象となる車を運び入れてしまうのですから、あらかじめ書類を整え、必要に応じて実印や印鑑証明も用意しておくと、店舗に行った当日に契約が終わっているなんてこともあるわけです。

    中古車買取業者のほとんどは夜でも構わず、査定依頼に対応してくれます。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、査定額が高くなりがちだと言われていますが、質の高いLED照明などが普及した現在では眉唾な話です。

    たしかに夕方以降や曇天、雨天といった状況下では光の反射が少ないので見落とす査定士もいるかもしれません。

    その一方で、磨き上げられてピカピカの車体は昼間の自然光でこそ美しさが際立ちます。

    ですから、天候次第で査定がコロコロ変わることはないと思っていいでしょう。

    業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そして10万を超えると過走行車となり、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    しかしまったく売却不能ということではないので安心してください。

    中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むとパーツや部品ごとに細分化して見積りを行い、きちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

    自分が乗っていた愛車を売却する際には、できるだけ事前にきれいに掃除してから査定に出すことが大切です。

    きちんと掃除してから売った方が良い理由には2種類あります。

    1つめは車の扱いが丁寧なオーナーであると業者にアピール出来る点です。

    2番目の理由は、自動車の中にこもった臭いを軽減することが可能だからです。

    タバコの臭いやペット臭が残っていると、その具合によっても異なりますが、大きく減額されると思ってよいでしょう。

    嫌な臭いの原因になっているものは車内の汚れですから、車内を隅々まで掃除してあげればほぼ嫌な臭いの感じないところまで軽くする事ができるでしょう。

    下取りではなく買取業者に車を売却する際は手続きが必要です。

    最初にウェブから査定を依頼し、仮の査定額(現物査定前の金額)を算出してもらいます。

    そのあとで買取対象となる車を実際に業者が採点していき、最終的な買取額が算定されます。

    思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよOKなら正式に契約します。

    引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと代金が支払われます。

    支払いは振込が一般的です。

    自動車というものは頻繁に乗らなくても維持費は一様にかかってくるものです。

    公共の交通機関が自宅周辺に沢山あって、自家用車がなくてもあまり不便に感じないなら売却することでかなりの節約になること請け合いです。

    自動車維持にかかる費用の内訳は、車検や定期検査の料金、自動車税や自動車保険代金、アパートなどなら駐車場代も別にかかるケースがほとんどでしょう。

    これらの合計を出すと、意外に高くて年間数十万円にも達することだってあるのです。