トップページ

    このサイトではタントの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「タントの買取相場をチェックして高い金額で買取をしてくれる専門店に売りたい。」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店で検索してみてください。

    ダイハツのタントを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をお願いする」ことです。1つの業者だけとか近くのダイハツディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするので注意してください。

    中古車一括査定サイトなら2分位で入力できるのでカンタンです。複数の車買取会社からの査定額を比較できるので、タント(TanTo)の買取金額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい知られているので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大で50社にタントの買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからタントの買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに今あなたが乗っているタントの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、数年落ちのタントでも高く売れる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話が入るのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    タントの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車の相場が分かるので、「数年落ちのタントの買取相場ってネットで分かるの?」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのタントでも高く売ることができます。

    最大で10もの会社がダイハツ・タントの見積もり査定をしてくれるため、納得できる価格を提示してくれた会社にあなたが大事に乗ってきたタントを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、複数の業者がダイハツのタントの査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして長年乗ってきたタントをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、サポート体制も充実していますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    タントの査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、成約するとさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーにはおすすめできるサービスです。

    長年愛用したタントを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携している業者は100社なので他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大10社がダイハツ・タントの高額査定をしてくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の価格差の事例がいくつか提示されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    一般的に、中古車買取店の大手チェーンなどでは、多くのキャンペーンを常時開催していることでしょう。

    キャンペーンのほとんどは車売却の際に受け取ることができますが、キャンペーンの中には無料査定をするだけで対象になるケースもあるのですよ。

    詳細を述べると、決まったサイトから査定申し込みをするとネットで使えるポイントが受け取れる等のシステムです。

    無料見積もりを行うだけで買取をしなくても特に問題はありませんから、このようなキャンペーンが開催されているのを発見したらぜひ査定してみるとお得ですね。

    中古車を見積もる際の基準は、その中古車の事故歴や年式、走行距離や内装と外装の状態を見ます。

    このうち車のボディーと内装に関しては、事前にしっかりと掃除することで見積金額のアップが狙えます。

    過去の事故歴については、嘘をついて隠してもプロなら瞬時に分かるので、嘘をついたりせずに伝えましょう。

    これらの査定基準を確認してから、オークションの査定相場金額を鑑みて、実際の査定金額を導き出します。

    ちょっとでも高値で中古車を売却するコツは、売却は即決しても構わないという思いを前面に押し出すことです。

    ついでだから査定してもらうけどもおそらく直ぐには車を手放さないだろうという売り手よりも、提示した金額に納得すれば直ぐにでも売りますという相手の方がスタッフにとって心強いものです。

    車を直ぐに売却してくれそうだとなれば、他店に行かれないようにきっと見積金額を高くしてくれるでしょう。

    買取業者に車の査定を出すのは気軽なもので、費用は一切かかりません。

    しかしどうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。

    ディーラーでは査定代は下取額と相殺する形になるので現金での支払いは発生しませんが、同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っていると確認するのを怠りがちですので、安易に契約せず、査定にかかる費用はいくらかかるのかあらかじめ確かめておくようにしましょう。

    有料だからといって悪いわけではありませんが、知っていればそこはディーラーにとっては不利ですから、交渉の余地ありということになります。

    いくつかの中古屋の査定額の中で一番高いところを選びたいなら、中古車査定一括サイトを活用するのも手です。

    以前はパソコンだけでしたが、今ではスマホ対応サイトも多いので、外出先で友達と相談しながら、あるいは自宅でのんびりしながらマイペースで査定依頼できます。

    肝心の査定結果が得られたところで、高額の見積りをつけてくれた上位何社かと今後の話をすることにして、あとは断りましょう。

    中には常識はずれな営業電話をかけてくる業者がいるようですが、「もう契約済みです」と断ってしまうのが吉です。

    消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の相談が寄せられています。

    近年はとくに売却(買取)絡みの電話が右肩上がりに増えています。

    例えば一括査定サービスを使ったところ、断っても執拗に営業電話が来て困っている、頼みもしないのに訪問査定に来て、帰ってくれないので契約したが解約したいといったものです。

    悪質な業者に当たったときなどは、契約のトラブル等を専門に受け付けるホットラインなどで相談してみるのが大事です。

    諦めてはいけません。

    中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、査定時にプラス評価が付きます。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検の残り期間が数ヶ月となると見積金額アップは望めなくなります。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて売却前に車検を通すことは有益ではありません。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。

    頑張って複数の会社に査定してもらったのにタダみたいな値段しかつかないときは、廃車手前の車を専門に扱う業者に相談してみるのも手です。

    他社で引取りを断られたような車であろうと、車としてでなく部品取りとして査定するので、買い取りが可能なのです。

    あとは廃車という選択肢もありますが、自ら解体業者に持ち込み陸運局で手続きするのに比べたら、専門業者にお任せにしてしまうほうがずっとラクです。

    プロに頼む利点は、時間と手間のかかる廃車手続きを代わりにしてくれることと、車の処分費が無料ということです。

    乗っている車を手放そうとする際には、あらかじめ故障している場所があるなら正直に申告するようにしましょう。

    だからといって、査定前に修理することを勧めているのではありません。

    どのような故障かによってマイナス査定される程度は異なりますが、前もって修理をお願いしてから売りに出すのではむしろ損してしまうことの方が多いのです。

    買い取った後でお店側が修理に出すときにかかる費用と前もって自分で修理に出すときのお金では、業者が修理に出す方が大幅に安いのです。

    結局のところ、あらかじめ修理した費用以上の査定額アップは望めないため損してしまうのです。